水野鐘太 みずのしょうた 活動報告一覧水野鐘太 みずのしょうた 写真で活動報告水野鐘太 みずのしょうた 選挙結果水野鐘太しょうた あかつき通信水野鐘太しょうた 関連ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ

活動報告

関連ニュース




このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。


先日の記者会見に関する記事

減税、維新政策協議へ 統一地方選で候補擁立

日本維新の会県総支部代表の重徳和彦衆院議員(比例東海)と地域政党・減税日本代表の河村たかし名古屋市長は7日、両氏による政策協議の場「あいちゼロ〈零〉の会」を発足させると発表した。来年の統一地方選に向け、合意できれば夏頃までに統一候補を選定し、擁立する。河村市長は減税日本の解党も辞さない構えだ。

両党は将来的な合流も視野に、結いの党と地方議員による勉強会を2月に発足させている。ゼロの会では、名古屋市を始めとする大都市圏の活性化と課題解決に向け、非自民勢力の結集を目指す。構成員は共同座長の重徳、河村両氏だけで、二人で方向性をまとめる。

骨格の政策として、独自の福祉・行政サービスを実現する統治機構改革や、リニア中央新幹線開業を見据えた経済発展、二重行政の排除などを掲げた。県庁で記者会見した重徳氏は「ゼロベースでいい候補者を探したい」と述べた。また、「減税日本の名古屋の議員は評価していない」とし、減税日本の現職の市議の擁立には慎重な考えを示した。これに対し、河村市長は「ええ議員もいる。秋にはそれぞれが解党し、新勢力ができればいい」と話した。

(2014年3月8日  読売新聞)

河村市長と重徳衆院議員の政策会議発足へ

名古屋市の河村たかし市長と重徳和彦衆院議員が7日、政策会議を発足させることを明らかにした。「減税日本」代表の河村市長と「日本維新の会」の重徳衆院議員が7日午後、会見し、来年の統一地方選挙に向けた候補者選定を目指す政策会議「あいちゼロ<零>の会」の発足を発表した。河村市長は「非自民の庶民のための政党をつくっていく」と話し、「減税日本」の解党も視野に入れているとし、重徳議員は「まずは中京圏の大都市圏ビジョンを作成する」としている。この政策会議は2人で発足し、夏ごろまでに来年の統一地方選の候補者を選定したいとしている。

動画が見られます。

[ 3/7 19:42 中京テレビ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



水野鐘太(みずのしょうた )のプロフィール

生まれ育った尾張旭市で活動中!!

 昭和59年5月21日 身長178cm 体重65kg 血液型A型
 尾張旭市生まれ・尾張旭育ち
 旭富士幼稚園、尾張旭市立城山小学校、尾張旭市立旭中学校 卒業
 2003年3月 愛知高等学校 卒業
 2007年3月 名古屋学院大学 卒業
 2008年4月 オービックオフィスオートメーション 退社
 2008年4月 独立
 2009年5月 ジャパンリーダーズ・リーダーズ・カレッジ
             (民主党愛知政経塾)第3期生
 2009年11月 尾張旭市長選挙に無所属で挑戦 得票数3,256票 >詳細
 2010年5月 名古屋市長河村たかし 事務所
 2011年4月 愛知県会議員選挙に減税日本公認、日本一愛知の会推薦で挑戦
                        得票数6,988票 >詳細
 現在に至る
 次への挑戦へ向け活動中!!